homeインビザラインとは?歯の矯正施術の種類とそれぞれの利点を解説

歯の矯正施術の種類とそれぞれの利点を解説

歯列矯正

歯科矯正の手段は、おおまかに3つにわけられます。

どの方法にもメリットとデメリットの両方があるため、歯の状態や予算などに応じて、自分のためになる方法を選べるようになりましょう。

ここでは、歯科矯正の種類3つを紹介して、それぞれのメリットとデメリットについて解説します。

歯科矯正の代表的な種類3つを紹介

歯科矯正の代表ともいえる3つの矯正方法を紹介します。

ワイヤー矯正

矯正用のワイヤーを、ブラケットと呼ばれる装置で歯に固定して矯正を行うという方法です。おそらく、もっとも一般的な歯科矯正の手段といってよいでしょう。同じワイヤー矯正でも、ブラケットの材質は金属であったり、セラミックであったり、レジンであったりといくつかのバリエーションが存在します。

裏側矯正

裏側矯正は、名前の通りワイヤーとブラケットを歯の裏側に設置する方法です。歯の裏側にワイヤーとブラケットがあるため、歯の矯正をしていることが外見からはわかりません。ワイヤー矯正の場合、どうしても矯正していることが周囲の人にわかってしまいます。矯正していることを知られたくない、客商売で見た目を重視しているといった場合におすすめの方法です。

マウスピース矯正

透明のマウスピースを装着して、少しずつ歯の矯正を目指していく方法となっています。ワイヤー矯正や裏側矯正と違って、マウスピースをつけているだけなので見た目を気にせず利用可能です。

ワイヤー矯正のメリット・デメリット

ワイヤー矯正のメリットは、装置が頑丈で、金属アレルギー等があっても材質変更で対応できること。症例数も多いので、比較的多くのクリニックで施術を受けることができます。また、金属製のブラケットは費用が安めなので、予算が少ない人には非常におすすめです。

一方、ワイヤー矯正は、装置の関係上どうしてもブラケットが目立ってしまいます。とくに、安価な金属製のブラケットをつけている場合、矯正していることを隠すのは非常に困難です。歯を圧迫することになるため、慣れるまでは圧迫感や違和感も覚えるでしょう。それに、ブラケットやワイヤーは、歯を磨く際邪魔になります。

裏側矯正のメリット・デメリット

裏側矯正のメリットは、矯正していることがわからないこと。周囲の人に気づかれることなく、施術を受けることができます。

ですが、一般的なワイヤー矯正に比べて費用が高く、舌のすぐ近くにワイヤーやブラケットがあるため、違和感も強めです。ワイヤー矯正に比べると高い技術が必要なので、施術を受けられるクリニックも限られてしまいます。

マウスピース矯正のメリット・デメリット

マウスピース矯正のメリットは、矯正の手軽さ。ワイヤーやブラケットを利用した矯正方法の場合、歯磨きのしづらさや独特の不快感、声の出しづらさなどに悩まされることになってしまいます。しかし、マウスピース矯正は、歯に何らかの装置を固定するわけではないため違和感が小さいです。マウスピース自体が透明の薄いつくりになっているので、矯正していることがわかりづらいというメリットもあります。

デメリットは、価格の高さです。自費診療になるため、100%施術代金を自己負担しなければなりません。費用の相場は平均95万円ほどなので、予算に余裕が必要です。

マウスピース矯正のインビザラインはどんな人におすすめなのか

口のなかに異物があるのが嫌な人、矯正中であることを周囲に知られたくない人は、マウスピース矯正のインビザラインの利用を考えましょう。クリニックに足を運ぶ回数も減らせますし、必要に応じてマウスピースは取り外せるので、忙しいビジネスマンや見た目を気にする職業の人におすすめです。