×  閉じる

公開日: |最終更新日時:

インビザラインが痛い原因と対策

ほかの歯列矯正でも同様ですが、インビザラインを装着しているときに痛みを感じることがあります。本記事では、インビザラインが痛い原因と、それぞれの原因における対策方法について詳しく解説しています。

インビザラインが痛い原因と対策方法について

原因①:初めてインビザラインを装着した

初めてインビザラインを装着すると、歯を移動させようと圧迫するためどうしても痛みを感じやすいです。

対策方法:慣れるのを待つ

最初は痛みを感じることがありますが、慣れていくうちに痛みが緩和してくると思われます。初めてインビザラインを装着したときに痛みを感じる場合は、落ち着くまで少し我慢して待ちましょう。

原因①:インビザラインの着脱が痛い

インビザラインは、歯の移動に合わせて数回作り直しをして、最終的な位置への移動を目指します。そのため、新しいインビザラインを装着する際に痛みを感じる人がいます。

対策方法:慣れるのを待つ

新しいインビザラインになって装着時に痛みを感じる場合、初めてインビザラインを装着したときに感じる痛みと似た要因だと思われます。慣れてくると痛みが緩和される可能性が高いので、慣れるのを待ちましょう。

原因②:歯が移動するときに痛い

インビザラインを装着することで歯がしっかり動くほどに、痛みが生じやすくなります。

対策方法:たまに外して休憩する

痛みが強く、どうしても我慢できないというときは、一時的にインビザラインを外して休憩するが有効です。ただし、一定時間装着をしていないと歯の移動ペースが下がってしまうため、1日20時間以上の装着は確保するように注意しましょう。

原因①:アタッチメントがあたる

インビザラインの歯列矯正では、歯をしっかり動かすためにアタッチメントと呼ばれる突起物を歯面に取り付けるケースがあります。このアタッチメントが歯にあたって痛みを感じます。

対策方法:矯正用ワックスを用いて調整

アタッチメントの出っ張りが粘膜に当たって痛みの原因になっている場合、矯正用ワックスを使用して出っ張りをなだらかにするなどして対応できる場合があります。このケースで痛みを感じている人は、主治医に相談してみましょう。

原因①:上下の歯がぶつかって痛い

食事で咀嚼しているときなど、歯の上下が摂食する状況で、痛みを感じることがあります。マウスピースによって圧迫されている歯列は、非常に敏感になっているため、上下の歯がぶつかったときなどに痛んでしまうのです。

対策方法:食事のときなどはインビザラインを外す

インビザラインは、ワイヤー矯正のように24時間装置をつけていなければならない方法ではないため、食事のときはインビザラインを外すことで痛みを感じることなく咀嚼できます。

原因①:虫歯や歯周病による痛み

インビザラインを長時間装着していることに加え、それが原因で正しい歯磨きや口内ケアが行えなくなるケースがあります。虫歯や歯周病になってしまい、その症状による痛みを感じる人がいます。

対策方法:虫歯や歯周病を治療する

虫歯や歯周病による痛みは、それらの治療をしっかり行って治すことで痛みも治まります。インビザラインを装着しているときも、口内ケアをしっかり行い、正しい歯磨きを意識することで虫歯や歯周病を予防できますので、かかりつけクリニックの歯科衛生士などに相談sいてみるとよいでしょう。

関連ページ

大阪でおすすめのインビザライン矯正歯科3選

インビザラインとは?
インビザラインを紛失してしまったら?
インビザラインは医療費控除の対象になる?
インビザラインで矯正できる歯並び
渡邉裕紀先生に矯正治療のインタビュー!
インビザラインのクリンチェックとは?
インビザラインのメリット・デメリット
インビザライン治療に抜歯は必要?
インビザラインは後戻りはあるのか
インビザラインと虫歯の関係
インビザラインの洗い方