homeインビザラインとは?インビザラインと虫歯の関係

インビザラインと虫歯の関係

インビザライン前に治療を

虫歯や歯周病がある場合、インビザライン前に治療を受ける必要があります。インビザラインは治療で使用するマウスピースを最初の段階で作成するため、虫歯や歯周病の影響で治療中に歯形が変化してしまうと矯正の妨げになるからです。マウスピースが合わなくなることで治療計画やマウスピースを再度作り直さなければならず、治療が遅れてしまう場合も…。インビザライン治療をスムーズに行うためにも、矯正前に虫歯や歯周病の治療を行うのが一般的です。

インビザライン中に虫歯になったら?

インビザライン前に虫歯や歯周病の予防または治療に取り組んでいたとしても、矯正中にマウスピースと歯のすき間に食べ物が挟まったり磨き残しがあったりすることで虫歯になる可能性があります。これまでの矯正治療は矯正器具の取り外しが簡単ではなかったため、矯正中の虫歯治療が困難でした。けれど、インビザラインはマウスピースを容易に取り外せるので、簡単な治療で済むような小さめの虫歯であれば矯正中でも虫歯治療を行えます。

虫歯の状態によっては矯正中の治療が困難な場合も…

歯を大きく削る、または詰め物や被せ物などの処置が必要な歯形が変わるケースの場合は、マウスピースが合わなくなってしまうのでインビザライン治療を続行できません。歯形が変わるような虫歯治療を行う場合は治療計画からやり直さなければならず、マウスピースも型を取りなおして再作成する必要があります。特に歯を大きく削るケースなどは、インビザラインの再開が遅れる可能性があるのでインビザライン中の過ごし方に注意が必要です。

虫歯を防ぐためのインビザライン中の過ごし方

インビザライン中に虫歯や歯周病などの口内トラブルを防ぐためには、日頃のケアが重要です。特にマウスピース装着中は細菌が繁殖しやすい状態になっているので、より丁寧なケアが必要になります。自己流の歯磨きでは磨き残しがでる可能性があるため、治療前に歯科衛生士から正しい歯磨き法を指導してもらいましょう。

歯ブラシ+歯間ブラシのWケアで予防効果をアップ

インビザラインでは歯と歯の間にすき間をつくる治療を行う場合があり、歯ブラシだけではケアが行き届かない可能性があります。食べ物が挟まりやすくなったり磨き残しができたりすることで虫歯や歯周病などリスクを高めるほか、口臭の原因にもなりかねません。

歯と歯のすき間の汚れには、歯間ブラシまたはデンタルフロスが有効です。歯間ブラシのサイズはすき間の大きさや部位によって異なるため、自分に適したサイズを歯医者さんに相談しましょう。デンタルフロスも慣れないうちは使い方が難しいので、歯医者さんで指導を受けることをおすすめします。そのほかに歯磨きや歯間ブラシのケアの仕上げとしてフッ素ジェルを使用するのも、虫歯予防に効果的です。

食生活で気をつけるポイント

インビザライン中は、食生活にも注意が必要です。マウスピースを装着したまま食事をすると汚れがたまって虫歯リスクを高めてしまうため、原則として装着中は飲食ができません。砂糖が入った飲み物や炭酸飲料も、虫歯リスクを高める要因になるのでインビザライン中は控えましょう。