homeインビザラインとは?インビザラインの費用のご紹介

インビザラインの費用のご紹介

インビザライン

結論から言ってしまうと、インビザラインの費用は決して安いとは言えません。

保険適用外の治療になるため、歯科医院で自由に料金設定ができることから、適正価格で受けられるところもあれば、それ以上の費用がかかるところもあるのが実情です。

かと言って、相場より安い料金の場合、医師の技術が低かったり効果が出にくいこともあります。インビザラインを失敗しないためにも、費用の知識を持っておくことはとても大切です。

インビザラインとは

インビザラインは歯列矯正治療法の一つで、マウスピース型の矯正装置です。

ワイヤー型矯正装置と違い、透明なマウスピースを使うので、見た目を気にせず抵抗なく歯列矯正ができます。

インビザラインの費用はどれぐらいかかる?

インビザラインはパッケージ商品

歯列矯正は審美性が重要なので、自費治療が一般的ですから高額なイメージがあるかもしれません。しかし、インビザラインはパッケージ化された商品になるため、費用にも上限があります。

とはいえ、自費治療は歯科医院によって費用は異なります。最低価格で治療してくれるところもあれば、さまざまなコストをかけて治療を行うところもあります。

インビザラインの平均費用

インビザライン治療の費用は、80万円から110万円程度が相場となっています。約30万円の開きがあるのは、保険適用外ということもありますが、年齢や矯正する範囲が人によって異なるからです。

また、歯の状態によって治療の難易度も変わるため、それに伴い料金も変わってきます。標準的なフル矯正であれば80万円ほどですが、治療が難しいフル矯正だと100万円、逆に部分的な矯正であれば30万円ほどが平均費用なので、矯正範囲や矯正を始めるタイミングによっても費用は大きく変わります。

インビザラインの費用の見方

歯科医院の広告では「インビザライン・フルで40万円から」など相場よりも安い価格が提示されていることがあります。

しかしインビザラインには費用項目があり、提示価格がトータル費用とは限りません。

費用項目をどれぐらい含んでいるかで相場より安いか高いかが判断できるので、広告に提示されている金額だけで判断するのはやめましょう。

インビザラインの費用項目

インビザライン治療では、カウンセリング費用、精密検査費用、モニタリング費用、調整費用、保定装置費用などいろいろな費用項目があります。

歯科医院によってはシミュレーション費用や追加調整費用が必要になります。

他の歯列矯正との比較

歯列矯正治療はインビザラインだけではありませんから、他の治療法の費用が気になるという方もいるでしょう。

歯列矯正の中でも一番スタンダードなワイヤー矯正は、表側は約70万から100万ほど、舌側矯正は100万から150万円ほどかかります。

ですので、ワイヤー矯正と比べればインビザラインは安いと言えますね。

ただ、同じマウスピース型で他の治療法となると、30万円から60万円ほどで治療できるので、マウスピース型の中では高い治療法になってしまいます。

インビザラインのメリット

他のマウスピース型治療法と比べるとインビザラインの費用は高いですが、透明で目立ちづらく、着脱も簡単で痛みがないなどのメリットがあります。

いくら安上がりでも、マウスピースをつけているのが丸分かりでは人の視線が気になってしまいますし、つけ心地が悪いと無意識のストレスが溜まります。

インビザラインは他の矯正治療のようなストレスがないので、それだけでも費用の高さは十分にカバー出来ていると言えます。